☆新着記事☆
☆おすすめ記事☆
その他

積立予算10万円の30代の会社員が実践中の投資設定がこちら【楽天サービスフル活用】


(出典 www.jsda.or.jp) 

(つみたてとうし)とは、主に投資信託を購入する際の投資方法。 同一の金融商品、例えば投資信託を毎月一定額(自分で決めた額)決まった日に買い付けていく方法。ドル・コスト平均法とも呼ばれる。 特に初めて投資を始めるなどの場合、投資による運用損失の可能性は、投資
8キロバイト (1,280 語) - 2019年5月23日 (木) 00:22

 

前提条件

利用する証券口座:楽天証券
 
利用する銀行口座:楽天銀行
(できるだけ預金を80万以上に保つ=生活資金6ヶ月分程度)
 
利用するクレジットカード:楽天カード
画像
毎月の予算:約10万円
どの楽天サービスも開設や発行は全て無料ですし
カードの場合はポイントも貰えるのでお得です

資産運用優先順位

(予算が10万円に満たない人は上から限界まで積み立てていくといいと思います)

1:(個人型確定拠出年金)積立額23,000円

1.積立銘柄 ・全米株式インデックス・ファンド(VTI)
積立額23,000円(会社員のため)支払い方法:銀行引き落とし

やっぱり投資の一番の敵は税金です

節税効果抜群のiDeCoが最優先となりました

しかし現金に変えることが60歳までできなくなってしまうため
20代のうちは下記のつみたてNisaを
優先したほうがいいかもしれません

2: 積立額33,333円
(証券口座支払いのボーナス払い利用して満額の40万円利用)


1.積立銘柄 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
支払い方法:証券口座引き落とし 積立額100円
(ボーナス払いで2回分104円設定)受取型 
毎月2日引き落としに設定


 
2.積立銘柄 楽天・全世界株式インデックス・ファンド(VT)
支払い方法:クレジットカード決済 積立額16,608円 受取型


3.積立銘柄 eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)
支払い方法:クレジットカード決済 積立額16,608円 受取型

 
2番目の優先順位はつみたてNisaです

やっぱりここでも税金対策ですね

積立額が端数なのはつみたてNisaの年間額が40万のため
後述するクレジットカード決済
との帳尻合わせのためです

3: 積立額16,784円


1.積立銘柄 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
支払い方法:クレジットカード決済 積立額16,784円 再投資型

 
楽天証券では楽天銀行とマネーブリッジの設定をして
ハッピープログラムも設定をしていると
楽天ポイントがどんどん貯まります
しかも銀行預金の年利も0.1%に

毎月楽天カードの支払いが50,000円まで利用でき、
そのうちの1%(500円分)が楽天ポイント
で帰ってくるのでリターン効率が良くなります

投資信託積立注文時に利用するポイントは上限いっぱいの
500ポイントにしてしまうとクレジットカード決済額が
下がってしまい満額の500ポイントがもらえなくなって
しまうので毎月上限1ポイントに設定しておくと楽天市場
SPU対象にもなり、なおかつポイント切り上げで満額の
500ポイントが貰えます

ハッピープログラムでも投資信託10万円ごとにポイントが
もらえるので、できる限りの設定をしておくのがいいでしょう

4:海外ETF(米国) 積立額26,800円

1.積立銘柄 支払い方法:リアルタイム入金 円貨決済
バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)
 
毎月1日に積立額26,800円以内で買える株数分
買っています(ドルコスト平均法)
大体ですが月平均で2株程度(18000~25000)
が購入できます

自動毎月積立はSBI証券でもできますが指値注文が
できないので(成行のみ)少し手間ですが楽天証券
を利用中です(今後積立ができるようになるかもしれませんし)

上記の投資信託だけだと毎月の配当金がもらえず投資
を続けるモチベーションが保てなかったので高配当ETFで
毎月のキャッシュフローを高め精神の安定をはかっています

余裕があればここの額を上げていくか下記の国内株式を買うのもありでしょう

5:国内株式 積立額(上記ETF購入時の余剰金)
1.積立銘柄 株主優待・高配当優先

 
上記ETF購入の際ピッタリの額では購入できないので
余剰金が出てきますので、余剰金を利用して国内株式
を購入し貸株サービスなども利用して配当を増やすのも
おすすめです

個人的には株主優待のある国内株式を購入するのが
おすすめですがあなたの生活に合わせてカスタマイズ
するといいでしょう

近くにあるお店で株主優待のあるものを優先して
購入すると生活クオリテイも上がります

まとめ

上記が僕が実践している積立投資設定でした

米国銘柄に偏っている気もしますが投資期間を
60代である程度ゆるめると考えると30~40年
では米国の地位が揺るがないのではと考えたからです

中国がこれから早い段階で伸びてくると考える方は新興国
のインデックス・ファンドを含めるのもありかもしれません

20歳の頃から投資してきたため初期の投資信託のみの頃の
毎月1万円から比べて転職や副業も含め収入もアップした
現在では10万円投資できています

楽天のサービスをたくさん利用すると楽天経済圏
とも呼ばれるほどザクザクとポイントが貯まるので
余裕や知識があれば楽天でんき楽天モバイル
利用するのもおすすめです
※楽天でんきはポイントアップから外されてしまいました

 

 

積立投資は金額よりも続けていけるかが一番大事です!
あなたも少額でも大丈夫です、はじめの第一歩を踏み出してみませんか?

お読み頂いてこれよりももっといい方法があるよ!とか
購入銘柄を変えてみたらとか色々意見がありましたら
どんどんコメントして頂けると嬉しいです

<関連する記事>

 

 

 

 

 

 

<関連する画像>



(出典 www.sittsec.co.jp)
ABOUT ME
まーちゃん
お越し頂きありがとうございます!
当サイト「会社員の僕が使う話題まとめ」管理人の「まーちゃん」と申します
6月14日生まれのふたご座です
普段は会社員としてほそぼそとブログを自分の使う話題をまとめていこうと思っていたのですが存外パソコンを触るのが好きらしくページのデザインなどいろいろといじるのにハマってしまいました
話題探しに困ったら覗いてみてください!

管理人ほしい物リスト公開中!

相互リンク募集中です!
ご連絡はこちらへ
☆おすすめ記事☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。